所得税・法人税を賢く節税

源泉所得税

「所得税」というと、法人は関係なさそうですよね。

でも、無視はできないのです。

例えば、銀行預金の利息。

これは所得税というものが引かれた後の金額が入金されています。

例えば、80円の入金があった場合

実は「受取利息(収入)」は100円なのです。

そこから、所得税が20円ひかれて

80円が入金されているんです。

ところで、

「法人なのに、なぜ所得税が・・・・」

と叫びたくなりますね。

ご安心ください。

これは、あくまでも名前は「所得税」ですが

法人税の前払なのです。

つまり、20円だけ、法人税を先に支払っているということ。

法人の決算申告の時に、最終的に算定された法人税額から

この20円を差し引くことができます。

なので、結果的には「所得税」を取られているわけでは

ないということになります。

ただ、申告する時はしっかり処理しないと

間違えますのでご注意を!「所得税」というと、法人は関係なさそうですよね。

でも、無視はできないのです。

例えば、銀行預金の利息。

これは所得税というものが引かれた後の金額が入金されています。

例えば、80円の入金があった場合

実は「受取利息(収入)」は100円なのです。

そこから、所得税が20円ひかれて

80円が入金されているんです。

ところで、

「法人なのに、なぜ所得税が・・・・」

と叫びたくなりますね。

ご安心ください。

これは、あくまでも名前は「所得税」ですが

法人税の前払なのです。

つまり、20円だけ、法人税を先に支払っているということ。

法人の決算申告の時に、最終的に算定された法人税額から

この20円を差し引くことができます。

なので、結果的には「所得税」を取られているわけでは

ないということになります。

ただ、申告する時はしっかり処理しないと

間違えますのでご注意を!

zp8497586rq
zp8497586rq

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう