所得税・法人税を賢く節税

通勤費で節税ができるかも 2

サラリーマンは経費を計上することができない!
と、思われがちですが、場合によっては計上することも可能です。
と以前に税金計算の仕組をご説明いたしました。
今回はその説明を前提に、話を進めたいと思います。
給与所得=給与収入-給与所得控除
でしたね。
給与所得控除は「サラリーマンの概算経費」です。
この概算経費の1/2を「特定支出」が超えていれば節税できます。
(平成24年分は 概算経費<特定支出 です。
×1/2は有りませんのでご注意ください。)
さて、ここで特定支出とは、以下のうち、
自己負担部分又は、会社負担で給与とされているもの。
1.通勤費
(経済的かつ合理的なもの)
2.転居費
(新居への移動の際の運賃・運送費のうち、通常かかるもの)
(壁の塗り替えや畳替えなどの費用は含まない)
3.研修費
(職務遂行に直接必要な技術又は知識の習得にかかるもの)
4.資格取得費
(資格がその職務遂行に直接必要なもの。未払は含まない。)
(法科大学院はOKだが、会計大学院は×)
5.帰宅旅費
(通常要するもの、1月4回往復まで)
6.勤務必要経費
(専門書・専門紙、電子bookも含む。制服代も含む。交際費等)
いずれも、給与支払者の証明などが必要ですのでご留意ください。
そして、これらが給与所得控除(概算経費)の1/2を超えている場合
どのくらい、節税になるかですが、
「特定支出-給与所得控除」×税率
だけ、節税になります。
是非ご検討くださいね。
サラリーマンは経費を計上することができない!

と、思われがちですが、場合によっては計上することも可能です。

と以前に税金計算の仕組をご説明いたしました。

今回はその説明を前提に、話を進めたいと思います。

給与所得=給与収入-給与所得控除

でしたね。

給与所得控除は「サラリーマンの概算経費」です。

この概算経費の1/2を「特定支出」が超えていれば節税できます。

(平成24年分は 概算経費<特定支出 です。

×1/2は有りませんのでご注意ください。)

さて、ここで特定支出とは、以下のうち、

自己負担部分又は、会社負担で給与とされているもの。

1.通勤費

(経済的かつ合理的なもの)

2.転居費

(新居への移動の際の運賃・運送費のうち、通常かかるもの)

(壁の塗り替えや畳替えなどの費用は含まない)

3.研修費

(職務遂行に直接必要な技術又は知識の習得にかかるもの)

4.資格取得費

(資格がその職務遂行に直接必要なもの。未払は含まない。)

(法科大学院はOKだが、会計大学院は×)

5.帰宅旅費

(通常要するもの、1月4回往復まで)

6.勤務必要経費

(専門書・専門紙、電子bookも含む。制服代も含む。交際費等)

いずれも、給与支払者の証明などが必要ですのでご留意ください。

そして、これらが給与所得控除(概算経費)の1/2を超えている場合

どのくらい、節税になるかですが、

「特定支出-給与所得控除」×税率

だけ、節税になります。

是非ご検討くださいね。

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう