コラム

自己資金、早期回収の要因とは?

物件を購入するときは、自己資金をいくらか入れますよね。

この自己資金が、物件購入後のキャッシュフローで、
全額回収することができれば、理論的には、
また同じ投資ができることになります。

そして、自己資金の回収期間が早いほど、
投資拡大のスピードも早くなります。

では、自己資金の回収期間が早くなるのは、
どのような要因でしょうか?


▼当初の自己資金を少なくする

1、購入時にフルローン、オーバーローンで自己資金をできる限り少なくする。


▼毎年の税引後キャッシュフローを多くする

2、借入期間を長くして、毎年の返済を少なくする。

3、建物を高くする、あるいは設備を認識して税金の発生を遅らせる。


大きなポイントとしては、この3つですが、
どれも所有時や売却時に足を引っ張るものばかりです。

したがって、自己資金の回収を早くすることは、
リスクを拡大させることとオフトレードの関係にあります。

投資スピードを早くして、投資規模をどんどん拡大したい場合は、
その分、リスクも高くなることを認識しておく必要があるんですね。

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう