未分類

続・建物の金額がわからない?

昨日は、建物の金額がわからない時に、
固定資産税評価額を使って分ける方法をお伝えしました。

今日は、もう一つの方法についてお伝えします。

もう一つの方法とは、標準建築価額を使う方法です。

標準建築価額というのは、建物の構造、建築年によって、
平米あたりの建築単価が載っている表です。

こんな感じ ⇒ http://bit.ly/HNRfDZ

平成8年の鉄筋コンクリートなら、平米あたり198千円です。

これに建物の平米数を掛けると、建物の金額が出てきます。

でも、これは建築当時掛かったであろう新築の価格、いわゆる取得価格です。

中古物件で、現在の価格を出すためには、
この金額から、経過年数分の減価償却費を引かなければいけません。

こうやって出した金額を、建物の金額とする方法です。

先ほどの表には計算方法も書かれてあります。

うちで開発したREITISS(リーティス)では、構造と建物の平米数を入れることによって、
自動的に標準建築価額で計算した建物金額がはじき出されます。

REITISS(リーティス)は現在、無料で利用できるキャンペーンを実施中です!

お申込み頂いた日の翌営業日より、平成25年12月末まで、無料で使い放題です。

先着1,000名のキャンペーンですので、お早めにお申込み下さいね。

11月17日まで! ⇒ http://tax.kanae-office.com/reitiss.html
zp8497586rq

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう