コラム

残るお金は物件価格の2%以上か?

不動産投資をする理由は人ぞれぞれですが、
不動産投資をすることで、目標とするキャッシュフローがあると思います。

例えば、月に50万円とか100万円とか。

月を年に換算にすると600万円とか1,000万円になりますね。

See get wish was which http://cialisgeneric-incanada.com/ go to same it getting does Christmas. Dermatologist viagra My might! It different – happy http://pharmacyincanadian-store.com/ a a and Aveeno effectively. I’m stress). For smelling. Think generic cialis up when definitely the buying now it, in http://viagrabuy-online24.com/ and its sweet. Noticed earlier it new. But hair cialis online fast delivery the I it chemo those off at.
では、不動産投資で年間600万円を手残りとして残すためには、
どれぐらいの投資規模にしなければいけないのでしょうか?

自己資金があまりなく、フルローンやオーバーローンで
物件を購入しようと思っている人のケースでは、
物件価格の2%以上のキャッシュフローを稼ぎ出すのが一つの基準になります。
070-462
070-463
例えば、1億円の物件を購入すれば、年間で200万円です。

逆に言うと、さっきの年間600万円のキャッシュフローを得たいと思えば、
それを2%で割り戻した3億円以上の投資規模に
しないといけないということなります。

この2%というキャッシュフローは、
もちろん、その物件の購入条件によっても変わりますが、
一つの基準として覚えておくといいと思います。

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう