所得税・法人税を賢く節税

売却の日は契約日?引渡日?

個人が物件を売った際の売却益は、譲渡所得と言います。

この譲渡所得は、長期と短期に分かれています。

長期譲渡所得

⇒ 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年を超える場合

⇒ 税率20%

短期譲渡所得

⇒ 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以下の場合

⇒ 税率39%

長期と短期で、税率が倍ほど違いますね。


では、この1月1日は、物件の契約日が基準となるのでしょうか?

それとも物件の引渡日が基準となるのでしょうか?


これは、実はどちらでも好きな方を選べるんです!


だから、12月中に契約して、1月に引渡しをした場合なら、

1月の引渡日を譲渡日とすることもできます。


5年を超えるか超えないかで、大きく税金が変わるので、

しっかりと覚えておいてくださいね。
zp8497586rq

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう