融資の話

築古物件で長期間の融資ができる?

12月に入り、金融機関もノルマの達成に躍起になる頃ですね。
essay service 僕も平成18年に初めて物件を購入した時は、
銀行さんに12月末までの決済を求められました。

金融機関が融資をする場合の融資期間は、通常次の計算式で計算します。

構造別の耐用年数-築年数=融資期間

例えば、RC(耐用年数47年)で築20年だとすると、融資期間は27年になります。

47年-20年=27年

ただ、これだと木造(耐用年数22年)で築20年だと、融資期間は2年しか組めません。

しかし、最近はこのような築古物件や、既存不適格物件など、
今までは、なかなか融資的に厳しい物件でも、
長期の融資を組んでくれる金融機関が出てきています。

築古物件でも、利回りが高くて、長期の融資が組めれば、
キャッシュフローはかなり残りそうですね。

765qwerty765

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう