• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > 海外移住したい場合は納税管理人を使う?

コラム

物件購入後
海外移住したい場合は納税管理人を使う?

近頃は、海外の不動産を持つ人も多くなってます。

僕の周りでも「将来は海外に住みたい!」という方もいらっしゃいます。

では、日本に不動産を残したまま、海外移住する場合、
日本の税金はどうするのでしょう?

日本の税金には、所得税、住民税、相続税、贈与税、消費税などがあります。

海外にいる場合は、それらの書類のやりとりもできないので、
このようなときは「納税管理人」を選んで活用することになります。

納税管理人は、納税者の代わりに日本の税務署に確定申告を提出したり、
税務署からの連絡を受けたりします。

納税管理人は届出書を出すことによって、選任、解任、変更ができます。

海外移住を考えている方は、覚えておいてくださいね。