所得税・法人税を賢く節税

売却時の減価償却で得する方法

個人で物件を売却して売却益が出ると、譲渡所得税が掛かります。

短期と長期で税率が変わり、短期は39%、長期は20%でしたね。

売却益の計算は、次の通り。

譲渡金額-譲渡費用-物件の簿価=売却益

物件の簿価は、取得価額から減価償却費を引いた金額です。

では、売却した年の月割りの減価償却費は、
この売却益の計算式に入るのでしょうか?

それとも、不動産所得の経費になるのでしょうか?

実はこれ、どちらでも有利な方を選べるんです。

online pokies ex back”>how to get your ex back
例えば、長期譲渡所得で税率20%の場合、
売却年の月割りの減価償却費が300万円あるとすると、60万円の節税となります。

300万円×20%=60万円

一方、税率50%の人が、この減価償却費を、
売却年の不動産所得の経費に入れるとすると、150万円の節税になります。

300万円×50%=150万円

このように、確定申告時の処理ひとつで
大きく節税額が変わってきますので、個人で売却する時は覚えておいてくださいね。
zp8497586rq

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう