コラム

印紙を節約する方法

不動産を売買する時に必要なものの一つが印紙です。


今の印紙は、

1千万円を超え5千万円以下 1万5千円

5千万円を超え1億円以下 4万5千円

1億円を超え5億円以下  8万円

となっています。


不動産は金額が大きいので、

印紙の金額は小さく思いがちですが、

日常生活で考えると結構な金額ですよね。


この印紙を節約する方法があります。


印紙が必要な書類は課税文書といいますが、

この課税文書の中にコピーは入りません。


ということは、売買契約書を一通作って、

それに印紙を貼ってコピーし、

買主が原本を、売主がコピーを持ち、売主、買主で印紙代を折半すれば、

印紙代は半分で済むことになります。


「本当?」と思った人は、

国税庁のサイトに掲載されているので、確認してみて下さい。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7120.htm


他人との売買契約では、ちょっと不安があるかもしれませんが、

個人から、自分の法人への売買のときなどは、

使える技ですので、覚えておいてくださいね。
zp8497586rq

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう