所得税・法人税を賢く節税

勘違いの多い繰越損失

大規模修繕などで修繕費を一括で経費にすると、 損失が発生する場合があります。 そして、青色申告をしていれば、この損失は繰越しが出来ます。 繰越しできると、翌年以降の利益と相殺ができるので、節税に繋がります。 でも、この損失の扱いでよく勘違いされていることがあります。 それは、個人で給与など、他にも所得がある場合です。 個人で他に所得がある場合は、まずその所得と、

不動産所得の損失を合算します。 そして、合算してもまだ所得がマイナスの場合に、 初めて繰越しができます。
不動産所得で損失が出たら、そのまま繰越できると 思っている勘違いが多いので、覚えておいてくださいね。

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう