M&A

不動産所有会社M&Aでの手残りが2.7倍以上?

不動産所有会社をM&Aでの売却で、
売主側のもっとも大きなメリットは、税金が節税できることです。

同じ利益が出るとすると、最大で約2.7倍も手残りが多くなります。


例えば、不動産をそのまま売買して2億円の売却益が出て、
その後会社を清算したとします。

【売却益に対する法人税】

売却益2億円×法人税実行税率34%=6,800万円の税金


【会社清算後の株主配当に対する所得税】

残りの13,200万円×55%=7,260万円の税金


【手残り】

売却益2億円ー法人税6,800万円ー所得税7,260万円=5,900万円



これが不動産所有会社M&Aで2億円の株式売却益が発生したとします。

【株式譲渡所得に対する所得税】

株式売却益2億円×株の譲渡所得税率20%=4,000万円


【手残り】

株式売却益2億円ー所得税4,000万円=1億6千万円


手残りのその差、なんと2.7倍になるわけです!

これは大きいですよね!

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう