住民税を賢く節税

もし固定資産税が下がったら?

不動産賃貸業で絶対に掛かってくる経費と言えば、固定資産税です。

固定資産税は市区町村の税金で、土地や建物に対して課税される税金です。

そして、申告をして納税する所得税や法人税と違って、市区町村自体が計算して納税額を通知してきます。

このような税金を、専門用語で賦課課税といいます。

では、市区町村が計算を間違うことはないのでしょうか?

役所ですから間違うことはないと思いたいですが、
そうは言っても、人の手が入っていますから「間違うことは絶対ない!」とは言えません。

ではもし、固定資産税の計算が間違っていたとしたら。。。



間違っていた過去の分が還付される可能性もあります。

さらに、これからの固定資産税も安くなって、キャッシュフローはよくなります!

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう