必要経費・減価償却費

経費にできるのは30万円以下?30万円未満?

空室が出て、リフォームをしたときには、
シャンプードレッサーや、キッチンなどを
取り換える場合もあると思います。
シャンプードレッサーだと、
数万円で購入できますが、
キッチンだと10万円以上するものが多いですよね。
でも税法では、10万円以上ものは資産に計上して、
その後、その備品の耐用年数に渡って
減価償却として経費化していく必要があります。
でも、ある制度を使うと、購入した年に一括で経費にできます。
それが、少額減価償却資産という制度。
知っている方も多いと思いますが、
kasino , joka tekee asiat tyylilla. overflow: hidden;”>ほとんどの人が【30万円】という数字を記憶している思います。
それでは、この30万円は、
30万円以下なのか、それとも30万円未満なのか?
答えは、30万円未満なんです。
ですから、299,999円までの備品は、
一括で経費にできます。
他のにも色々と条件があるので、
10万円以上のものを購入する予定があるなら、
チェックしておいてくださいね。
空室が出て、リフォームをしたときには、

シャンプードレッサーや、キッチンなどを

取り換える場合もあると思います。

シャンプードレッサーだと、

数万円で購入できますが、

キッチンだと10万円以上するものが多いですよね。

でも税法では、10万円以上ものは資産に計上して、

その後、その備品の耐用年数に渡って

減価償却として経費化していく必要があります。

でも、ある制度を使うと、購入した年に一括で経費にできます。

それが、少額減価償却資産という制度。

知っている方も多いと思いますが、

ほとんどの人が【30万円】という数字を記憶している思います。

それでは、この30万円は、

30万円以下なのか、それとも30万円未満なのか?

答えは、30万円未満なんです。

ですから、299,999円までの備品は、

一括で経費にできます。

他のにも色々と条件があるので、

10万円以上のものを購入する予定があるなら、

チェックしておいてくださいね。

⇒ http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5408.htm
zp8497586rq

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう