不動産売却

物件を売却して初めて利益が確定する!?

不動産投資をしたい人のほとんどは
「年間のキャッシュフロー○○円!」
という目標を掲げていると思います。

仮に最初に自己資金1,000万円を出して物件を購入し、
毎年年間200万円のキャッシュフローがあるとしましょう。

それを10年間保有しました。

10年間の累計は2,000万円になりますよね。

 200万円/年×10年=2,000万円

ただ、10年後に売却したときには、売却時の手残りは0円だったとしましょう。

さてこの状態だと、実質、毎年いくらのキャッシュフローがあったでしょう?





答えは年間キャッシュフロー100万円です。

毎年200万円あると思っていたのに、100万円しかなかったわけです。

なぜなら、10年間で1,000万円しかキャッシュが残っておらず、
それを10年で割ると100万円だからです。

 1,000万円÷10年=100万円

なぜ10年で1,000円しかキャッシュが残っていないかというと、
次の計算式で不動産投資の業績は計算するからなんです。

 10年間の累計キャッシュフロー2,000万円+売却時の手残り0円ー自己資金1,000万円
 =1,000万円

このように、不動産投資の業績は物件を売却して初めて利益が確定するんですね。

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう