不動産売却

年の途中で売却した時の減価償却で節税できる?

年の途中で物件を売却すると、建物などの減価償却資産の
減価償却費の扱いで迷う方が多いようです。

例えば、個人で持っていた建物を、6月30日に1億円(簿価6千150万円)で売却したとします。

この年の減価償却費は、年間300万円計上できたので、
1月1日から6月30日までの半年間分、150万円の減価償却費があるとします。

1、減価償却費として計上しない場合

減価償却費150万円は減価償却されないので、
建物の簿価は、6千150万円のまま残ることになります。

結果、譲渡所得が3,850万円となり、売却益が150万円分少なくすることができます。
(わかりやすくするために、譲渡費用は除いています。)

 売価1億円-簿価3,850万円=売却益3,850万円

その代わりに、不動産所得は150万円分、多くなります。

※平成13年の税制改正以降は、こちらが原則となっています。(所得税法49条1項)


2、減価償却費として計上する場合

減価償却費150万円は、不動産所得の経費として減価償却されるので、
建物の簿価は、6千万円残ることになります。

結果、譲渡所得が4千万円となり、売却益が150万円分多くなります。

 売価1億円-簿価6千万円=売却益4千万円

その代わりに、不動産所得は150万円分、少なくなります。

こちらの処理は、所得税基本通達49-54で認められています。


このように、減価償却費を計上するかどうかは選べるというわけです。

したがって、譲渡所得と不動産所得に対する税率の違いを見て処理することで、
売却時に節税することが可能なんですね。

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう