不動産売却

平成21年・22年に物件を購入した人必見の節税制度!

平成21年または平成22年に土地を購入している方には、お得な節税対策があります。

これは「先行取得した土地の圧縮記帳の特例」という
なんだかよくわからない名前の税制です。


わかりやすくするために具体例を出しましょう。

例えば、平成21年に1,000万円の土地Aを買ったとします。

そしてもともと持っていた土地Bを平成29年に売却して
その売却益が600万円出てきたとします。

そうするとこの600万円の80%の480万円が、
土地Aの金額1,000万円から引くことができるのです。

そうするとどうなるのか?

土地Bの売却益は600万円から480万円を引いた120万円となり、
この120万円に税金が掛けられますので、600万円よりも当然税金は低くなります。

その代り、土地Aの買った金額は1,000万円から480万円を引いた
520万円になってしまうのです。

 土地A 1,000万円 -(600万円 × 80%)= 520万円

1,000万円の土地が520万円になること、これを「圧縮」というんですね。

その結果、将来この土地Aを売却した時は売却益が出やすくなります。

ちなみに平成22年に買った土地の場合は、
圧縮されるパーセンテージは60%になります。

このような税制をうまく活用できれば、
効率的にお金を残すことができるようになりますね。

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう