コラム

利回りが1%違うだけで売価に1千万円以上の差が!?

物件を購入するときは、できるだけ表面利回りの高いものが欲しいですよね。

でも逆に物件を売却するときは、できるだけ表面利回りが低い方が高く売れます。

例えば、年間の満室家賃収入が1千万円ある物件の例で見てみましょう。

▼表面利回り10%で売却できる場合

家賃収入1千万円÷10%=売価1億円


▼表面利回り9%で売却できる場合

家賃収入1千万円÷9%=売価1億1,111万円


このように、利回りが1%違うだけで売価に1千万円以上の差が出ることになります。

だから、5年から10年ほど前に、表面利回り10%で買っている人は、
今の市況だと、8%ぐらいで売れることも多いので、儲かるわけです。

安く買って高く売る!

商売の基本ですが、投資は市況の流れを読むことも重要ですね。

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう