所得税・法人税を賢く節税

共有のメリットとデメリット

物件を購入する時に、

夫婦共有で購入する場合があります。


また相続で受け継いだ物件の場合は、

親子や兄弟で共有という場合もあります。


個人が物件を共有した時のメリットは、

5棟10室の事業的規模を満たすと、

青色申告特別控除65万円が

共有者全員分、受けられることです。

また、不動産所得も共有している分、少なくなるので

1人で持つよりも低い税率で済むケースもあります。


一方、デメリットは、

申告する時に、それぞれ申告書を作らないといけないので、

手間や費用が掛かってしまうこと。

そして、共有者でもめた時は、売却が難しくなることです。


相続で受け継いだ場合は、仕方ないかも知れませんが、

これから購入する物件の場合は、

共有のメリットとデメリットを覚えておいてくださいね。

zp8497586rq

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう