M&A

不動産所有会社M&Aのネックは?

不動産所有会社をM&Aで取得すると、売主も買主も
メリットが大きいのですが、最大のネックは何でしょう?



それは、対象会社が金融機関から融資を受けているケースで、
代表者の保証を変えてくれるかです。

ほとんどのケースで、不動産所有会社で融資を受けている場合は、
その会社の代表者が連帯保証をしています。

そして、融資が付いたまま不動産所有会社を売却する場合、
買収側の代表者に連帯保証を移す必要があります。

その際、買収側に信用力があれば、スムーズにいきますが、
信用力がなければ、代表者保証を変えてもらえない可能性があります。

だから、不動産所有会社M&Aのネックは代表者保証の引き継ぎなんですね。

不動産投資を始めたい人
始めたのに
思うようにお金が残らない人へ


法人を効果的に使い、数百万円単位で消費税還付を受ける方法を無料でプレゼントしております。

今すぐ無料プレゼントをもらう